« 2014年6月 | トップページ | 2015年1月 »

フロントキャリパーメンテナンス

ずーっとブログ更新してなかったのに、記事3連投です。(^^;

フロントブレーキのひこずりが酷く、ほとんどタイヤが動かない状態なのを、店長さんや嶋次郎さんに言うと、「パッドを1枚外して、ピストン押し出して磨いたらいいヨ」とアドバイス頂きまして、早速実行です。
何が面倒くさいといって、パッドピンの上にあるメクラ蓋を緩めるのが硬くて、なめやすいってのがねー。
今回は、インパクトドライバーを使いましたよ、ええ。(^^;

Sn3p2067_2

やっぱり、道具ですね。ドライバーやレンチで格闘していたのは何だったのかという位、ストレス無く外れました。(^^)
その下から、パッドピンの6角穴が出てきますので、レンチで緩めます。

Sn3p2070_2

ピンをずらして、パッドを1枚だけ外します。

Sn3p2071

ブレーキレバーを握って、ピストンが出きってしまう前に、靴下のウエスを輪切りにしたものをピストンに通しておいて、出きったら外周を磨きます。ラバープロテクタントを少量スプレーして磨くと、結構ガム状の汚れが取れました。

Sn3p2073_2

片押し式のキャリパーなので、スライドシャフト部も汚れを拭いて、シリコングリスを塗布します。

Sn3p2076_2

元に組み直しします。

Sn3p2077_2

若干、すれる感じが残っていますが、メンテ前の状態からすると、雲泥の差です。
当然シールの経年変化を考えると、次のキャリパー交換までのつなぎとしては問題無し!です。(^^)
これで、車体をVetteさんまで持って行けるようになりました。
行けるのはさ来週かな?

| | コメント (2)

ガソリンタンク変えたーい

ある日のこと、「ガソリンタンクを変えたい、変えたい、変えたい」と念じておりましたら、親切なトラック便のお兄さんが、ガソリンタンクを渡してくれました。

又ある日のこと、嶋次郎さんに「今日Vetteさん、お店開けているかなあ」とお聞きしたけど、その日は行けませんでした。
翌日の夜、何故かガソリンタンクを抱えてVetteさんにお邪魔してて、「こんな風に変えたいなあ」って言ってると、目の前で、ガソリンタンクがこんな風に変わっていくではありませんか!?

Sn3p2059_2

Sn3p2060_2

「あれれー、嶋次郎さん、今こんなことが目の前で起こってるんだけど。」とメールを送りましたら、「わお」と返事が返ってきまして、程なく嶋次郎さんもVetteに来られてまして…。

Sn3p2061_2

Sn3p2062

いやー、びっくりですわ。(実はこれよりもっと進んで、この日の作業はお開きになりました。)
で、翌日のですね、夕方にですね、会社におりましたら、「こんなんになってすよ。」と嶋次郎さんからメールで画像が!

Grp_0007_2

あれー、綺麗に塞がってますねぇ。形はまるでGBクラブマンに宗旨替えしたみたいですねぇ。

Grp_0003_2

裏ビードもきっちり出ています。わお!
そうこうしているうちに…

Grp_0000_2

「穴塞がりました~」

Grp_0001_2

もう、実況中継状態です!Vetteに行けないのが残念で残念で。(泣)
えー、そろそろ真面目な文面に戻さなきゃいけないのですが、「こうしたいな」と思ったことが、目の前でどんどん具現化していくのを驚きの目で眺めている状態であります。(^^;
こりゃきっちり形にしないと、責任重大ですわー。来年の春には完成させたいですね。(^^)
(今は、このタンクで何をしたいのか説明してません。そのうちに公表いたしまする。)
明日、MC16でフィッティングに行けるかしらん。(^^;

| | コメント (3)

安井算珍さん主催中国2ストミーティングにバイクで参加出来なかった顛末

ども、たかやんです。(^^)

MC16再改造がずーっと止まっていたのですが、ぼちぼちと又動き出しました。
安井さん主催の中国TZR(2スト)ミーティングに行くべく、ばらしていたフロント周りを元に戻し、早朝からの作業を終え、責任保険のシールを貼り替えました。(いつから乗ってねーんだ…)

Sn3p1933_2

Sn3p1934

掃除し終わり、RS250RWレプリカを眺める。「うん、コレで良し!!」

Sn3p1936

Sn3p1940_2

ヘルメットも被って出発すべく、チョークを引き、エンジン始動!キック!キック!キック!
「ん、かぶった?いや、これは…!!」

Sn3p1939

キャブオーバーフローでチャンバーがらガソリンが漏れております…。駄目だこりゃ。(泣)
ていうことで、ミーティングはAZ-1参加となったのでした。(^^;
で、これからが本題。キャブオーバーフローの修理でございます。(前にも記事アップしたような…)
とにかく、カウルを外して。

Sn3p1941_2チャンバーを外して。

Sn3p1942

チャンバー内のガソリンを捨てて。

Sn3p1938_2

エアクリボックスとキャブレターを外して。

Sn3p1943_2

Sn3p1945

キャブのフロート室の洗浄と、ガソリンフィルターの交換です。

Sn3p2049_2

結構、フィルターに汚れがたまっていたので…

Sn3p2051

新品(今回はL字型)に交換します。

Sn3p2054_2

Sn3p2057

プラグも相当汚れていたので、交換しました。

Sn3p2053

Sn3p2052

キャブ・エアクリボックスを元に戻し、空になっていたガソリンタンクに3Lほど給油し、キック5回程で燃料が行きまわったのでしょう、軽快な音と共にエンジンお目覚めしました。(^^)

明日は、残っているシートカウルの組み付けと、引きずっているフロントキャリパーの掃除の予定。

カスタム依頼しているガソリンタンクの合わせが出来るよう、バイクをVetteに持って行けるのでしょうか?(汗)

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2015年1月 »