« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

Enjoy Honda 香川2014に行ってきました!

ども、この2日間自宅でネットに繋げなかったたかやんです。(^^;

24日の土曜日に「Enjoy Honda 香川2014」に嶋次郎さんのお誘いで、N先輩さんと一緒に出かけて参りました。(^^)

Sn3p1815


この日の目玉は、コレ!

P1

…じゃなくてー。(いつの画像だよコレ…。(^^;)
アイルトン・セナが初のワールドチャンピオンを獲得した時のマシン、HONDA MP4/4
であります。
1600ccターボエンジンで1000馬力の出力を誇り、16戦15勝という驚異的な記録を残したこのマシンの実物を見るのも初めてなら、エンジン音を聴くのも初めて。(^^)

Sn3p1738

エンジンが思った以上にコンパクトでした。
隣のN先輩、「これ乗ったことがあるんですよ。」ってそれ凄くないですか?
蛍光オレンジ(レッド?)が本当に鮮やかで綺麗でした。「Marlboro」等黒のロゴも聞いていた通り艶消しブラックのステッカーでした。本物を見るって凄い経験ですね。(^^;

Sn3p1745

ラジエターの排出口の部分の拡大。このネジで種々の大きさのカバーで覆って調整するのだそうです。(By N先輩)

Sn3p1747

ヘッドレストはマジックテープ止めなのかぁ。
後方のフレーム(MP4/4にはインダクションポッドは無い)の出口。
カウルの材質はカーボンファイバーなのですねー。(今更…)

Sn3p1753

ここで、サプライズ。本来のエンジン掛ける時間は10時25分からなんですが、テストの為に、9時過ぎにエンジン試運転が始まりました。丁度居合わせて、ラッキーでした。(^^)

Sn3p1749

次に向かったのが、次期ビートことS660のモーターショー出品車両。

Sn3p1754_2


Sn3p1765syori

Sn3p1769

至るところにビートのモチーフが踏襲されていて、それでいて新しいテイストも加えていてとっても格好いいです。
しかし、実際に走行するマシンではありませんで、
「下面フルフラットじゃあ~!」と喜んでいたら、

Sn3p1756

サスが無く、ミニカーみたいにシャフトがシャーシに突き刺さっているモデル車両でした。(^^;

Sn3p1762

早く走行車両が発表されないかなあ。買えないけど。(ばき)
お次は、RC213V。私も跨りましたよぉ。レーシングマシンなのにごつくなくて軽い感じでした。フロントディスクがカーボン製なのが凄ぇーよと今更ながら感動するワタシって…。(^^;

Sn3p1771syori

おっと、時間が遅くなってきたので、ここからは、画像のみ。すいません。(^^;

…と言いつつ。(^^;

談笑する嶋次郎さんとN先輩さん。手前の若者は、今日一番乗りの岡山から来られた19才のライダー。2番目だった嶋次郎さんと仲良しになり、ライダーズカフェでも我らオジサン達の話し相手になってくれました。いい若者です。昼でお別れして、「これから徳島へラーメン食べに行くんです。」とのこと。(**) 若いって素晴らしいなあ。(^^;

Sn3p1782syori_2

HSV(GT500のマシン)

Sn3p1777

CR-Zのステッカーチューンマシン。

Sn3p1789

Sn3p1788

くまモン仕様のモンキー

Sn3p1801_3

Sn3p1802

カセットコンロ用のボンベで動く耕運機

Sn3p1800

バットモービルのようなスクーター99万円!

Asbatmobile

Asbatmobile2

お昼は、第2会場で香川特産の「骨付き鶏」を食べました。(何故画像が無い???)

親鳥(かしわ)と若鶏が選べるのですが、味が濃い方をと思って親鳥をチョイスしました。(^^)

で、美味しかったけど肉がやはり硬くて噛み切るのが手強かったです。何でこっちだけ肉に切れ目が入っていたのかわかりました。(^^;

デザートはさつまいもソフト。美味でありました。(^^)

Sn3p1816

2輪専用駐車場にて。

嶋次郎さんのマシン。

Sn3p1819

Sn3p1822

Sn3p1821

80年代のマシンは少なかったですね。

来年も又行きたいと思わせる内容でした。

次は、私もNSRで行くぞー!!皆さんもどうぞ参加くださいませ。(^^)

| | コメント (4)

まあこんなものでしょう。(^^;

ども、たかやんです。(^^)

今日はお昼に、どかいち(二郎系のラーメン)福山店へ食べに行きました。

Sn3p1751

メンマはトッピングですが、野菜だけ「増し」にしただけでこれだけの量があります。
麺まで辿り着くのに時間がかかりました。(^^;
が、太麺で醤油+背油+ニンニクは、とっても美味でした。
私にはこの組み合わせで味・量共丁度良かったです。(^^)
お腹も満たされたところで、MC16改造の続きの作業です。
前回、ホイールとブレーキディスクのPCDが合わないことがわかり、現行のNS250R用のフロントホイールのハブを分解して使用することにしたので、取り敢えずフロントホイールの取り外しをします。
久々のレーシングスタンド。

Sn3p1734

カウルを外して、チャンバーの下にジャッキを当てて浮かせます。

Sn3p1736

フロントホイールを外すには、アクスルシャフトを抜く為に各ネジを緩めるのと、キャリパーを外しておく必要があります。(途中で気が付いた。キャリパーと干渉してホイールのリムにキズが入っちゃった。(;_;))

Sn3p1742

Sn3p1739

Sn3p1740

Sn3p1741

で、外したホイールにNC24用のディスクを仮止め。多孔穴とフローティングと径が大きいのがいいですね。(^^)
やっぱり、リムは16x2.5インチに組み替えることにします。
リヤ用の17インチに組み替える方が、ラジアルタイヤ履けるなど選択肢が増えるので定番なんですが、実車もフロントはバイアスだったしね。(ミシュランのパイロットアクティブの流通在庫か、バトラックスBT45V位しかないみたいですが)

Sn3p1746

NS250R用のディスクと重ねてみると、大きさは極端に違わないのに、印象がこんなに変わるんですね。

Sn3p1744

前回、NS250R用のバッテンキャリパーがMC16のフォークアウターに付かないことがわかり、色々探した結果、CBX750F用のバッテンキャリパーを使うことにし、オークションで入手しました。(^^)

Cbx7500

キャリパーブラケットが左右とも素直な形状をしているのと、自作のキャリパーサポート付きだったので、穴あけ追加でどうにかなると踏んだのですが、そうは問屋がおろしませぬ。(^^;
ダストシールとピストンシールを買ったんですが、いざ交換しようとすると、ピストン径Φ32の筈が「30」とキャリパーに刻印してあるんですな、これが。(--;
「おりょりょ??」と思い、ノギスでピストン径実測すると、やっぱりΦ30。(^^;
これ、CBR400F用のキャリパーではないかしらん???
とりあえず、シール内径が丁度Φ30なんで…なんで…使えないのか?!
気を取り直して、フィッテイングをやってみます。
やっぱりコムスターにはバッテンキャリパーが似合いますね。(^^)

Sn3p1750

ところで、キャリパーのネジは径・ピッチ共フォークアウターと合わないため、キャリパーサポートの製作が必要です。

Sn3p1747

いよいよリムの組み換えです。特殊ボルトで組み立てられているコムスターホイールは基本的に分解禁止です。本改造も1/1プラモデル(観賞用)と割り切った前提で組み替えしようとしております。多分。
6.5mmのドリルで1個目のボルトを除去したのですが、ここでドリルの寿命(嘘やろ…)とあいなりまして、本日の営業は終了致しました。(号泣!)

Sn3p1752

| | コメント (0)

 当てが外れたー!!

ども、たかやんです。(^^)

長期休みに入ったと思ったら、いきなり風邪を引いてしまいまして、今だに本調子でないというていたらくです。(^^;
MC16の改造も全然手が付けられなくて、今日、やっとこさ部品だけ入手していたフロントホイール周りの検討をしていたら…。
目が点に…。(・_・;
一見良さそうに見えるんですが…。

Sn3p1716

Sn3p1718

ブレーキディスクローター取り付け穴のPCDが、違うんです。(;_;)

Sn3p1717

ホイール:VF1000Rフロント
ディスク:NC24用フローティングタイプ
フロントコムスターホイールは2種類あって、このVF1000Rだけが、だけが、177という…。(号泣)
禁コムせずにタイヤ幅120が出来るって目論見だったんですが、駄目ですね~。
一応、ホームセンターへ、M8のステンレスボルト一式買いに走りましたが…。(^^;
バッテンキャリパーを付けたかったんですが、NS250R用のキャリパーは、左側がTRACがらみで、全然駄目。
右も、ディスクの外形が大きくなったんで、MC16のフォークアウターの取り付け位置じゃ、キャリパーサポート作成がとっても困難であることが判明。(^^;
別部品での再検討です。(^^;
しっかし、ホイールの特殊ボルトを6.5mmのドリルで破壊して外すのに必要なのが、体力・気力だったとは、こりゃまいった。(^^;

続きを読む " 当てが外れたー!!"

| | コメント (3)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »