« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

N先輩さん作84NSR500ロールアウト!(画像追加しました)

皆様、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。
さて、とある資料にする為に、タミヤの’84NSR500のキットを購入していたのですが、
到底自力で完成させることは不可能と悟りまして、N先輩さんに製作をお願いしておりました。
年の瀬も押し迫った12月30日、N先輩さんから「何とか年内に完成しました。」とメールがっ。/(@@)/
メール添付の画像だけでも、その完成度がわかりますっ!

131230_203601

翌日に持ってきて頂けるということで、ワクワクドキドキでお待ちしておりました。
N先輩さんがおいでになる前にと、以前から懸案だったAZ-1のヘッドライト周りの黒シート破れを張り替えていると、思いの外作業が長引き、はっと気が付くとN先輩さんの車が到着。(^^;
ご挨拶もそこそこに箱に入った完成品を見せて頂き、説明を少ししていただきましたが
、凄い凄い凄い!
・リベットの成型モールドは全てピンに置き換え。
・ステアリングステムのシャフトとリヤアクスルのビスの頭は全く見えません。
・フロントブレーキディスクの放熱穴は全てピンバイスで明けられています。
・フロントブレーキマスターカップが…、わはははは。(画像を良く見てくださいませ。)
・フレームもサスもカウルも塗装が完璧です。(驚)
一言で「完璧」と言ってますが、ランナーやパーティング取り・平滑に下地仕上げをしないと表面に何かしらその粗が出てしまうもので、この仕上がりになるには地道な作業があってこそであると思います。
それに加えて、カウルのマスキングの完全さで色分けが本当にシャープです。
(前後しますが、色分けでデカールは殆ど使っておられません。(^^;)
更に、タミヤの部品の合わせが未塗装状態で完璧なので、合わせ部分の塗膜が外観で見える部分と同じだけあると、表面が合わなくなるので、ここもマスキングされている筈。
ウレタンクリヤも艶々ですが、クリヤ吹いただけではゆず肌になるので、磨きが入ります。
カーモデルの敷居が高いのは、この仕上げに物理的に時間が掛かるのと、塗装時の気温や湿度の見極めが難しいことがあります。
依頼したのが寒い時期に入ってしまってたので、ここら辺りは春・秋より作業できる機会は減っていたと思います。
では、この作品をじっくりご覧下さい!(携帯のカメラなんで画像悪いです…(^^;)
・左サイドから

Sn3p1550_2

・右サイド上から

Sn3p1542_2

・右後方から

Sn3p1554

・リヤ拡大(ピンボケすいません)太いリヤタイヤと、オプションのサイレンサーエンドがいいですね。(^^)

Sn3p1556

・リヤアクスル周り拡大

スイングアームとタイヤの「MICHLINE」はTABのオプションデカールです。

Sn3p1566

・フロントホイール周り スキがありません。(^^)

ディスクの穴とフォークアウターカバーのインシュロック(白)止めの処理がたまりません。

Sn3p1561

・アンダーカウルのスポンサーステッカー

Sn3p1558

・トップブリッジ周り(またやピンボケ…)

ブレーキフルードマスターカップを見てください!トリコのリストバンドが被せてあります!

ノリノリですね~。(^^)

ステムの頭がビスからナットに変わっていますね~。(^^)

カウルの裏側をつや消しブラックで塗装するのもマスキング&はみ出し仕上げが大変だった筈です。

で、ハンドルグリップも脱落防止の針金留めが巻いてあります!(が写ってません。(^^;)

Sn3p1562

アッパーカウルはNSの流れを汲む立ち気味で丸いナックル部。この時代特有のものですね。(^^)

Sn3p1549

・このアングルも好きです。

背景が無かったら、実車にしか見えないですよ、これ。(^^;

Sn3p1568

では、NSRと並べてみましょう。(^^)

Sn3p1583

Sn3p1572

Sn3p1571

Sn3p1581

Sn3p1576_2

Sn3p1586

Sn3p1584

昨日は時間の都合でそこそこにお別れしました。申し訳なかったです。
改めて、85NSR500と並べて鑑賞会を開きたいです。ねー、katsuさん。(^^)
こんなこともやってます。(^^;

Sn3p1592_2

Sn3p1591

| | コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »