« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

第4のRS250RW降臨!!

ども、たかやんです。(^^)

ポンムヴァン訪問記事より先に、是非とも全国のスペンサー馬鹿…失礼、スペンサーファンの皆様方にこのマシンをご紹介する次第であります。(^^)
これです!RS250RWです!

Katsusansr250rw1

実車RS250RWについて少し。(^^;
1985年にフレディ・スペンサーがダブルタイトルウインを飾った時の、250ccクラスで彼が駆ったマシン。
市販レーサー「RS」に「改」を示す「W」の名前が与えられていましたが、その実、完全な新開発のファクトリーマシン(開発ナンバーNV1A)で、500ccクラスチャンピオン奪回の為に、250ccクラスでのスペンサーの負担を出来るだけ軽くするために勝てるマシンとして彼だけに与えられたマシン。
このマシンの再現を実現されたのは、私が知る限りでは、国内では、スパンキーさん(89NSRベース)とIRISAWAさん(87NSRベース)が最初。
このお二方の例を参考に私が作ったのが3番目だと思います。
そして私の友人のkatsuさんのマシンが4番目になります。(^^)
katsuさんに製作過程の実物を見せて頂いたり、画像を送ってもらってましたので、このブログで紹介したいと思っていたのですが、公式に皆さんの目に触れるデビューを果たしてから、と決めていました。
で、昨日ポン ムヴァンで公式デビューされましたので、心置きなく紹介します。(^^)
ベースは88NSR。完璧なSP仕様だったのを、「やっぱ、このカウルのラインじゃねえ!」と、85スペンサー魂に火がついて、社外品のカウル一式とスクリーンを入手!
最初のフィッテイング。アッパーカウルステーの取り回し、シートステー・リヤウインカー周りの処理は相当苦労されている筈です。(^^;

Grl_0015

基本的に87NSR用のカウルなんですが、ゼッケン19番のスペース確保の為、ヘッドライト穴が開いていないものを注文され、88NSRのヘッドライトが取り付けられるように加工。
それも、単に四角い穴が開いているだけでは見栄えが悪いとのことで、市販のバイクのように縁の折り返しを付けています。スゲー。

Grl_0016

自家塗装をするとおなじみの光景、「お座敷カウル」。いやー、懐かしい。(爆)

Grl_0014

アッパーカウルも形状決まるまで、苦労されていました。しかし19番の迫力が凄い!

Grl_0008

ほぼ完成状態です。リヤからは、Jhaのカチ上げサイレンサーと160サイズのリヤタイヤが大迫力です!

Grl_0010

サイドビュー。katsuさんプロデュースの大サイズのロスマンズエンブレムステッカーの到着を待つばかりです。

Grl_0005

完成して即乗りに行かれたこの場所は、最初にkatsuさんとお出会いした所なんですね。(^^)

Grl_0003

Grl_00021


もしkatsuさんが私のブログを見ていなかったら、もしこの日に私がバイクのメンテ完了してなかったら、もしこの日が会社の花見でなかったりこの場所でなかったら、もし私がバイクで花見に行くと思い立たなかったなら…、katsuさんとの出会いはありませんでした。

そもそも、スペンサー好きの現役バイク乗りの生息個体数って…。(^^;

人生不思議なものですねぇ。(^^)

では、詳細画像を。(^^)

Sn3p1425

Sn3p1427

Katsusansr250rw2

私のマシンと2ショット!N先輩曰く、「ゼッケンのベース色のグリーンの色が違うねぇ」

さすがモデラー、参りました。m(__;m

Katsusansr250rw3

Sn3p1422

最後に、製作者のkatsuさんの後姿でございます。スペンサーレプリカのツナギが完璧です!!

Katsusanrs250rw8_2

今後も話題提供などなど、よろしくお願いします。(^^)

| | コメント (14)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »