« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

なつやすみのしゅくだい

・素材 その1

Sn3p1358

中はこの通りです。

Sn3p1359_2

教科書どおりに。

Sn3p1368

数日放置しましたが、油汚れが全然落ちてなくて、お小遣いが無駄になりました。(泣)
(正直、汚れ落し等の時間と錆取り剤の費用を考えると、1万越えでも錆の無いタンクを入手するのが最善です。(^^;)
・素材 その2
このあたりでカットするべ。

Sn3p1388

カットする前に、折れていた部分をプラリペアで修復しておきます。

Sn3p1390

こんな感じね。

Sn3p1392

ここも、このラインでカットしときましょう。

Sn3p1393

・素材 その3

ナックル部分を、Rの変化点を狙ってフリーラインで引いたマジックの線をプラスチックカッターで切り出します。

Sn3p1394

取れました。(^^)

Sn3p1395

右側も。

Sn3p1396

ナックル部を切り取った後の素材3こと、NR250Rのアッパーカウル。
まだまだ使いますョ。(^^)

Sn3p1394_2

切り取ったナックルは、そのままでは形が違うので、切り込みを入れて…。

Sn3p1397

上下の幅を詰めます。(^^)

Sn3p1398

外側から見るとこんな感じ。(^^)

Sn3p1400

Sn3p1399

これを取り付けるには削りの微調整が必要なんで、文明の利器・サンダーが登場。
カバーが無くて危ないんで革手必須です。

Sn3p1402

合わせの時は必死だったんで画像取り忘れてました。(^^;

とりあえず、ガムテープで仮合わせ。スクリーンの角度合わせで難航です。

MC16のスクリーンは形は良いのですが、高さが理想より少しばかり足りません。

初期型のGSX-R750か1100の中古を探すしかないですね。(^^;

Sn3p1389_2

横から。灰色の部分の角度が本当。ナックル上部は合わせてカットする予定です。

Sn3p1388_2

斜め後ろから。それらしく見えます。(^^)

Sn3p1390_2

ナックルの長いのは、後でカットします。(^^;

Sn3p1391_2

上から見たところ。まだまだ形状合わせが残っていまする。先は長いなあ。(^^;

Sn3p1393_2

こんなものも、並行してやってるしー。(良っく見るとわかる方にはわかるョー(^^)。)

Sn3p1395_2

| | コメント (3)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »