« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

驚愕!

ども、たかやんです。今年最初の記事になりますね。

本年もよろしくお願いします。m(__)m
昨日、嶋次郎さんが我が家経由katsuさん宅経由でN先輩さん宅を訪問しました。
(勿論我々もですが)
目的は昨年末にタミヤから発売された84年NSR500のプラモデル製作依頼の為です。
・驚愕~第一弾
実は、昨年N先輩さんがNS500を作ってYZRと並べたいと聞いて、プロジェクトNS500(懐かしいなあ…)の際に入手した組み立てかけで放置してたプラモデルを差し上げたところ…
                 こんなんが

Junkns500

             こんなになって家に来てしまいました!

Sn3p1059

Sn3p1060

Sn3p1061

NS250RベースでNS500レプリカを作る資料、しかも造形を把握することだけが目的だったので、仕上げるつもりが全く無く、エンジン・ホイールも黒マジックで適当に塗って、フレーム・カウルを適当に接着して形状見たら、そのまましまい込んだヒドイ代物だったので、これを仕上げるのは大変だったそうで、正に「レストア」作業だったそうです。(^^;
N先輩さんがタミヤに直接デカールが無いかを問い合わせされたり、えらい気合入って製作されてる様子をkatsuさんから伺っていたんですが、「こんなになってますよ」とカウルが塗装された画像を携帯で見せて頂いた時、「これがアレなのか?!!!」とびっくりしたのを覚えてます。(下が送って頂いた完成直前の画像です。)

Dscf7144_1

が、それ以上に驚いたのが「これ、N先輩がたかやんさんに差し上げますって言ってますよ。」って聞いた時でして…
…「え?」…
…「有り得ない」…
正に「驚愕!」でした。(@@)
というのが、これ、画像ではわかりにくいでしょうが、内側のエンジン塗装、配管、チャンバーの塗装、グリップの針金巻き、チェーンやスプロケの塗装、インセクトピンを使用したネジやリベットの再現、カウルもレッド・ブルー・ゼッケン(黄色にオレンジが微妙に入ってる)がデカールではなく塗装の上、仕上げもラッカークリヤじゃなくてウレタンクリヤーで艶々など、ここでは語り尽くせない程手間と工夫を費やしていた「作品」なので、それが家に来るというのは想像外のことでした。
が、どうも本当のことのようで、実物とご対面で、見入ってしまいました。すげえ…。(^^;
あまりにも申し訳ないので、我が家の不良在庫(一部でそう言われている)のNS500ガードナー(ハングオンライダー付き)をN先輩さんにお渡ししたのですが、まあ喜んで頂けたので少しだけ申し訳なささは解消出来たかな。(^^;
・驚愕~第二弾
嶋次郎さんに車で迎えに来て頂いて、katsuさん宅~N先輩さん宅に向かったのですが、
その車がポルシェカレラ!!!
遠くからエンジンの迫力のある音が聞こえてきまして、真っ白なポルシェが、我が家の前に!(@@;
凄え、カッコヨロシ!!
乗せて頂きましたが、背後のNAのエンジン音が心地よいです。足回りが意外にソフトで乗り心地も良かったです。これで、調整が一段落して、全開走行になったら(いやそこいらで全開走行は出来ないでしょう…)どうなっちゃうんでしょうね。(^^)
N先輩宅前で、みんなで取り囲んで、あれやこれや見せて頂きました。

Por2_2

リヤが何ともセクシーですねえ。ため息が出ます。(^^)

Por3

Sn3p1074

ボンネット下は、スペアタイヤと燃料タンクのスペース。それでも、がら空きの感じ。(AZ-1の感覚だと)

ステアリングにはパワーアシストは無いそうですが、このフロントの軽さで重ステとは感じないそうです。

Sn3p1073

Sn3p1084

寒い中、あーだこーだと見入る面々。(笑) だって、憧れのポルシェだもんねぇ。(^^)

Sn3p1080a

・驚愕~第三弾
やっと本日のお題のNSR500製作依頼の話に戻ります。(^^;
発端は、昨年笠岡干拓であった、クシタニコーヒーブレイクミーティングの時に、年末にタミヤから84年仕様のNSR500が発売されるという話題が出て、「是非とも、N先輩の製作されたのを見てみたいよね。出来れば製作お願いしたいなあ。」という話が出ました。
嶋次郎さんは、ブログのプロフィール画像に84NSR500を貼っているくらいファンで、しかも発売前にすかさず3個も予約されたという気合の入りよう!仲間内で驚いていました。(^^;
発売になってから、N先輩も製作に入られていたのですが、製作依頼の件をkatsuさんが取り持ってくださって、本日N先輩さんの作品を見させて頂きがてら、嶋次郎さんがキットを持って伺ったという次第です。
つい最近完成したというNSR500であります!堪能くださいませ!(画像が荒いのが含まれてますが、それは私が携帯で写した奴です(^^;)

130124_213101

130122_205401

130114_210201

Dscf7353

Dscf7337

Dscf7343

Sn3p1066

Sn3p1062

Sn3p1068

もう、その完成度たるや、驚愕ものです。N先輩さんから製作過程含めて説明をお聞きしましたが、NS500の時も驚きましたが、それ以上の完成度で、「今私は凄い場面に立ち会っている」と何度も口にしてしまいました。(^^;

そう、これ、画像だけ見せられて、「実車写してきたよ」って言われたら、そう信じちゃうレベルでした。(^^;

で、嶋次郎さんが、キットの製作を依頼されたら、「次はYZRを作る予定なので、たちまちこれを持って帰ってください」とN先輩が!本当に良かったですね。(^^)

結局、キットのうち、一つは交換用、一つはお礼として、そして一つは、「いつでもいいので、出来ましたら、カウル外した状態の製作を…」ということにあいなりました。

・驚愕~第四弾

帰り際に、N先輩さんが「これ2台製作したので、たかやんさんに差し上げます。」と、フェラーリ312T2(カーナンバー1ニキ・ラウダ仕様)と!!!

「え、え、え、?」そりゃ嬉しいですよ。F-1マシンの中で好きな奴挙げろと言われれば、FW16と双璧ですから。しかも、このクォリティですから…。

N先輩さん、ありがとうございます。大切に飾っておきますね。m(__)m

Sn3p1062_2

Sn3p1063_2

Sn3p1064_2

Sn3p1066_2_4

Sn3p1068_2

驚愕!の連続の半日でした。私の都合で、午前でお開きになりましたが、楽しいひと時でした。N先輩さん、奥様にもお邪魔させて頂いてありがとうございましたとお伝えくださいまし。

追記:改めて、84NSR500の魅力に気付かされ、1/1で出来ねえかなあ、なんてつい思ってしまいました。危ない危ない…。(^^;

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »