« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

天ぷらうどん(汗)

天ぷらうどん(汗)
天ぷらうどん(汗)
天ぷらうどん(汗)
う、うどんが見えない…嬉しいぞこれは。(^O^)v

因みに、きつねもなかなかのものです。(^_^;

| | コメント (8)

ミニFティレル019再び

ミニFティレル019再び
以前にも紹介したミニFティレル019です。
新作を作る余裕が全然無いので、画像だけアップします。(^_^;)

フロントウイングの翼端板から火花を散らしながらの、ジャン・アレジと中嶋悟のドライビングは印象的でした。(^_^)

| | コメント (0)

本当にこれで10作目?!

先日、ようやくのことでこれを完成させました。

ガンダムRX78 GP01(ゼフィランサス)陸戦仕様です。
バンダイのガンプラMG(マスターグレード)の10作目だそうですが(現在100を越えているそうな)071201_203901 、可動範囲と成型色の発色以外、その古ささを感じさせません。

すみ入れ位しかしてないのですが、細かい作業が億劫になってきた今日このごろ。(^^;

| | コメント (2)

今日はこれ!

Manchan
アライのナイジェル・マンセルレプリカです。
クリアシールド付きなので、夜帰宅する時の御用達です。(^_^)

(さっきまで、画像がひっくりかえっていました。(^^:)

| | コメント (0)

セナ!セナ!セナ!その2

Sn340239 タミヤのF1RC、F103の第2弾行きます!

アイルトン・セナ最後のマシン、ウイリアムズ・ルノーFW16ロスマンズカラーです。ロスマンズカラー(というか白紺系統)は大好きですねん。(^^)

ボディは、ザウバーをロスマンズカラーに塗ったものと、F1サーカスのオリジナルに忠実な造形のものの2種類あります。
実はロータス102ベースのものもあるんだけど、出すのがめんどくさいので...。(^^;

造形的にこだわったのがウイング。
Sn340233
フロントは中央に出っ張りがあって、サイドもFW14とは違います。
FW18のものを加工しました。
リヤウイングは、逆V字型のを再現したサードパーティー製があったので、F1工房の方から入手し、加工して取り付けました。
これが、操縦ミスでひっくり返った時は、「あー!」と絶叫し、己が未熟さを心底呪いましたよ...。(;_;)
今回は実車話はやめましょう。やめたい、長くなるから...。でも...。

余りにも運の悪いことが立て続けに起こったことと、ベネトンの給油装置の不正。
移籍直後に満面の笑みを浮かべた後は、そのシーズン中、彼の笑顔を見ることは出来無かった。

アイルトン、貴方は、後悔はしていなかったのでしょう。
けれど、私は貴方を見ていて辛かった...。
Sn340241
最近、MIXI経由でTRGというメーカーから、このタイプのボディが格安で発売されている情報を入手し、当面は走らせるのに困らないとわかり安心しております。ファンの熱意の為せる業ですね。
ありがとうございます。(^^)
あとはデカールの作成ですね。毎回FW18用をヤフオクで探すのは辛いものがあります。(^^;
Sn340242 

| | コメント (2)

超距離ライダーさんへ(苦笑)

☆伊依粒さん、ども。(^^)
当方のセキュリティの設定の為か、今度も上手く書き込みができなかったので、ここに返信します。すいません、気が付いてクダサイ…。(^^;

> すまんさん、十分変態かと(笑)
> テツさんもですよ~

類は友を呼ぶ…(ポツリ) Hinさん風(ばき)

> サンマのスタイルは最高です!
> やっぱり変態だ・・・(爆)

いいえ、サンマのスタイルは最高です。
ケニー(インターカラー)、ローソン(蛍光レッドのマルボロカラー)、マモラ(ラッキーストライク)、スペンサー&レイニー(シンプル・スッキリしたマルボロカラー)と、誰のYZRレプリカも出来ます!
少し頑張れば、素晴らしいNS500レプリカも出来ますよ~。(^^)

これって変態じゃないでしょ。(^^)

へ?マニ1989spenserアと同義語だって???(ばき)

| | コメント (2)

セナ!セナ!セナ!1

セナ!セナ!セナ!1
セナ!セナ!セナ!1
セナ!セナ!セナ!1
セナ!セナ!セナ!1
セナ!セナ!セナ!1
このブログの話題として想定してたのが、F1のラジコンでした。
ミクシィの方でそのコミュニティを見つけまして、話題作りとしてやっとこさ重い腰を上げることにしました。(^_^;)

では、その第1弾行きます!

MP4/8ハンガリーGP仕様モドキです。(管理人注:間違ってポルトガルGP仕様と書いてました。m(__;m)
シャーシはタミヤのF103、ボディは多分F1サーカスのMP4/9。
フロントウイングはタミヤのザウバー用をそれらしくカット。リヤウイングは京商のオプションパーツ。
自作ステッカーで仕上げました。(^_^)

このウイングが偶然入手出来たので、ハンガリーGP仕様を作ろうと思い立った次第。

実車の話をすると、ホンダがF1から撤退した翌年、フォードエンジン、しかも最新スペックではないカスタマーエンジンでルノーやベネトンと戦わなくてはならなかったマクラーレンとセナ(とマイケル・アンドレッティ)。
前年、ウィリアムズのアクティブサスペンションに散々苦しめれたマクラーレンのロン・デニスは、あろう事か、ウィリアムズのアクティブサスの技術者を引っこ抜いて、マクラーレン製のアクティブサスを作らせるという成り振り構わない手段に打って出る。
その甲斐あって、シーズン直前まで去就を決めていなかったアイルトン・セナがマシンの素性の良さを気に入って、マクラーレンをドライブする事になった。
但し、契約金が不十分だったのか、1戦事のスポット契約という異例の事態であり、その煽りを食ったのがミカ…ええい、話しが長くなるぅ!(/--)/

セナのドライブで雨でのレースでは勝てる時があるものの、ドライではルノーエンジンには歯が立たなかった。
後半、フォードの最新スペックエンジンが供給される事になった(ロン・デニスは魔法使いか!?)が、セッティングが決まらず、低迷。(^^;

はあ、ここまでが長かったぞ!(ハァハァ)
レースではセナはリタイアしてしまいますが、それもマシンの性能をぎりぎりまで引き出しても勝てるかどうかという、綱渡りのようなドライビングの末の事。
この特徴的なリヤウイング(名前忘れたー。誰か教えて!)がなんとも印象的でした。

マイケル・アンドレッティはこの後アメリカに帰ってしまう。(^_^;)そこで控えに回っていたミカ・ハッキネンがセナのコースレコードを破ったのが、ポルトガルGP。セナはコンピュータとにらめっこして何故記録が破られたのか必死になって考えたそうですが、当のハッキネンは「いくつかのコーナーで僕の方が速かった、それだけです。」とケロリ。世代の交代を感じさせる出来事のように思いました。

最後の鈴鹿での勝利を飾ったのはこのマシンなんですよね。
最終戦、勝てるマシンを作り上げたマクラーレンのスタッフに感謝の言葉を述べつつ、ウィリアムズに移籍する事を既に決めていたセナの心境はいかばかりであった事でしょうか。
彼にとってマクラーレンこそ家族であり、居場所であったというのに…。
(翌年のあのプジョーエンジンのマシンにセナが乗ったとしてもかわいそうではありますが…)
続きはいつだー!?

| | コメント (0)

突発カニ鍋オフ?

突発カニ鍋オフ?
突発カニ鍋オフ?
突発カニ鍋オフ?
突発カニ鍋オフ?
同僚のTOMMCD2さんが昼食中に「たかやんさん、今日仕事早く終われる?」と聞かれるので、「どこか食べに行くの?そりゃ内容とメンバーによるよ?」と言っても詳しく教えてくれない。(^_^;)
「来れば、絶対良かったって思うから。(^_^)」という言葉を信じて行ったところが…
カニ鍋パーティーでありました!
会社の別の部署の方が、城崎温泉に行かれたそうで、「知り合い誘って食べに来なさい」との事で、私に声をかけて下さったのです。
今年初物ですよ。とても美味しく、又楽しく頂きました。(^_^)
ありがとうございました!

| | コメント (3)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »