« 天の邪鬼御用達!FMシャーシその②「P600」 | トップページ | 父ちゃん、ミニFにはまる »

小豆島ミーその⑤「寒霞渓(かんかけい)の下りは叫びと共に」

余談ですが、このミーティングレポートのサブタイトルは本文書き出す前に殆ど決めていました。(「刺身」だけ追加ね(^_-))ぱれすさんが全体をきちんと報告してくださっているので、「印象的だったこれだけを報告しようっ」と、絞れたということですね。てことで最終回行きます。(^^)

さて、東方面のメンバーを見送った後、中四国メンバーも土庄港に向かうことにしました。最短コースでもあり、また、上って無かった私の為にとの気配りもあったのでしょう、寒霞渓を経由することになりました。
正直びびっておりました。途中雨も少し混じってきましたし、風も出てきたので、ヘタレライダーの私が無事に上がって降りられるのだろうか…(^^;

ペースは私に合わせて下さって、また最後尾をkiyosさんが走ってくださるので、安心しつつもおっかなびっくりで上っていきます。しかし、景色は良い!遠くの尾根を走る道を見ながら、最初小豆島の大きさを認識していなかった私には驚きでした。
寒霞渓の頂上に寄ることに。開運・厄除けの「かわら投げ」があり、勢いでチャレンジしてみました。少し離れたところに輪が立ててあり、そこを狙ったのですが、下からの風にあおられ、一個も命中せず。(^^; やはりツナギのせいか???(違うって)Kankakei

記念撮影後、あまり天候がひどくならないうちに下ることに。風が強く、落ち葉が路面を舞い散る状況の中、スリップしないようにどきどきしながら下って行きましたが、先行するぱれすさんとHiroさんのライディングはさすが美しいです。が、私といえば、正面に海を見ながら急角度でまっすぐ下っていくところは、心の中で「ひえー!\(@@)/」と叫んでいました。(滝汗)2ストであんなにずっとエンジンブレーキをかけっぱなしで降りて行ったのは初めてです。
そして迎える魔のコーナー!習志野@倉敷さんが警告しておられたコークスクリュー!とろとろと走っているのに何であんなにバンクするのー!?

やっとこさ下って市街地に入っていくとフェリーの時間が迫っていて、見送りに来て下さったぱれすさんとkiyosさんとろくにあいさつができないままHiroさんと乗船。
デッキから手を振るのがやっと。こちらも携帯のカメラで写していましたが、どこに写っているのかわからない状態。(^^;

さらば小豆島!本当に楽しい思い出をたくさんありがとう!機会が許せば(おい)また来年お会いしましょう!(^^)/

では、一部の参加メンバーのマシンを貼ってこのミーテイング報告を閉じたいと思います。また楽しい集まりを持ちましょう!(次回マスター主催ミーは5/3に決定。バイクで行けるのか!?ばき)  Flat1sns400r_1 Paresusns400r

   Hirosns400rNaoyukisns400r_1

Flat1s2

Tetsuskatana Tensns400r Takayansns250r

|

« 天の邪鬼御用達!FMシャーシその②「P600」 | トップページ | 父ちゃん、ミニFにはまる »

コメント

次回、広島開催予定の中四国ミーは春の足音が聞こえる頃?それとも極寒?はたまたジェットスキーの季節ですか? (^^)

投稿: kiyos | 2007年1月 7日 (日) 21時19分

☆kiyosさん
春の足音が聞こえる3月後半がいいかな。
けど、ジェットスキーの季節もいいですね。
では続きは、マスターの掲示板で。(^^)

投稿: たかやん | 2007年1月 8日 (月) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198188/13372322

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆島ミーその⑤「寒霞渓(かんかけい)の下りは叫びと共に」:

« 天の邪鬼御用達!FMシャーシその②「P600」 | トップページ | 父ちゃん、ミニFにはまる »