« 白い貴婦人 | トップページ | 「いえ、ボクはこいつに乗りたい」 »

父ちゃん、ミニ四駆にはまる①

Bigbg4wd_1 就職して、結婚して、子供が出来ても模型にはしばらく縁がありませんでした。
職場でパソコンを使う事が多かった為、自動的にパソコンいじりが楽しみとなり、子供が生まれると、オートフォーカスの1眼レフカメラに手を出したり、興味の対象があれこれと変わっていったように思いますが、妻があきれるほどのめり込んだのが...ミニ四駆。(^^;

当時幼稚園児だった長男が、ミニ四駆なるモーターで走るプラモデルが欲しいと言い出し、一緒におもちゃ屋へ買いに。
箱を見ると、四つのタイヤの他に4個のガイドローラーなるものが付いている。「へ?何それ?コースを走らすって???それどこにあんの?」
とにかく黒いモーターとアルカリ電池買って組み立てて、昔のモーターライズのプラモデルよろしく部屋の中を走らせてみようとスイッチを入れて、床の上に置いたらとんでもないことに!
「ギュイーン、ドンッ!ドンッ!ドンッ!ギュワーン、ギャーァァァァァ」
もの凄い勢いで走り出し(ギュイーン)、壁にぶつかってはこまねずみのように方向を変えて走り回り(ドンッ!ドンッ!ドンッ!)、捕まえようにも全然追い付けずソファーの下に突っ込んでひっくり返ってタイヤが空転(ギュワーン、ギャーァァァァァ)しているところをやっと取り押さえて思わずつぶやいた、「気狂い沙汰だ...」

ミニ四駆は恐ろしいものだということが判明したので、家の中で走らせるのはご法度となった。息子は例の事件で泡食ったにもかかわらず、気に入ったみたいで(確かにド迫力だ)道路で(車が通らない路地ね)走らせている(コースなんか買わないしー)うちに壊れてしまった。

次のミニ四駆が欲しいということでまたおもちゃ屋へ。今度はタイヤの径が小さいやつでボディがタイヤを覆っているタイプがいいと言う。(俗にフルカウルという奴ですな)
そのころになると、ミニ四駆とは競技会があって性能アップのためのオプションパーツが色々あるとか、組み立て式のコースも売っているだとかの知識はあったのだが、子供に食玩を組み立ててやるのと同じ接し方で淡々としてましたな、あの頃は。(^^;

近所の自動車屋がイベントでミニ四駆のコースを設置しているということで、子供にせがまれて例の新しく買ったミニ四駆を持って出かけた。タミヤが販売している3レーンある大型コース1セット。たまたま他に走らせている人がいなかったので1台きりで走行。結構早いスピードで周回している。息子はおおはしゃぎ!良かったのお(^^; <②に続く>Bigbg4wd

|

« 白い貴婦人 | トップページ | 「いえ、ボクはこいつに乗りたい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198188/13127898

この記事へのトラックバック一覧です: 父ちゃん、ミニ四駆にはまる①:

« 白い貴婦人 | トップページ | 「いえ、ボクはこいつに乗りたい」 »